[航空留学(国内ライセンス切替用法規の模試):航空ライセンス:法規と宅建問題] [挑戦] [高成績者] [成績分布] [出題状況] [問題投稿]

宅地建物取引主任者試験:過去問題 20問モード


宅地建物取引主任者試験:過去問題にようこそ。現在、挑戦者数は417人です。
過去問題の総問題数は32問で、出題数は20問ですが、
20問間違えると終了です。
なお制限時間は120秒で、正答率80%以上で合格です。
最高成績は上戸 彩さんの20問正解。
最高成績目指してがんばってください。


第1問目   856人中 429人正解 (50.1%) 平均正解時間 28.99秒

国土利用計画法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。
by Toyocom.JR
注視区域内においては,都道府県の規則で定める面積以上
の土地売買等の契約を締結する場合に届出が必要である。
監視区域内において一定規模以上の面積の土地売買等の
契約を締結した場合には,契約締結後2週間以内に届出
をしなければならない。
市町村長は,当該市町村の区域のうち,国土交通大臣が
定める基準に該当し,地価の上昇によって適正かつ合理的
な土地利用の確保に支障を生ずるおそれがあると認められる
区域を,期間を定めて,注視区域として指定することができる。
監視区域内において国土利用計画法の規定に違反して
必要な届出をせず,土地売買等の契約を締結した場合には,
6月以下の懲役又は100 万円以下の罰金に処せられる。


qqq systems Ver2.08