[航空留学(国内ライセンス切替用法規の模試):航空ライセンス:法規と宅建問題] [挑戦] [高成績者] [成績分布] [出題状況] [問題投稿]

宅地建物取引主任者試験:過去問題 20問モード


宅地建物取引主任者試験:過去問題にようこそ。現在、挑戦者数は398人です。
過去問題の総問題数は32問で、出題数は20問ですが、
20問間違えると終了です。
なお制限時間は120秒で、正答率80%以上で合格です。
最高成績は上戸 彩さんの20問正解。
最高成績目指してがんばってください。


第1問目   794人中 418人正解 (52.6%) 平均正解時間 34.04秒

宅地建物取引業者Aが,自ら売主となり,宅地建物取引
業者Bと建物の売買契約を締結しようとする場合に関する
次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば正しい
ものはどれか。
by Toyocom.JR
買主Bも宅地建物取引業者であるので,AがBに対し手付金
を貸し付けて契約の締結を誘引してもさしつかえない。
AB間で,建物の譲渡価格について値引きをするかわりに,
瑕疵担保責任の期間については,引渡しの日から6月間
とする特約を結ぶ場合,この特約は有効である。
AがBから受け取る手付金の額が売買代金の2割を超える
場合には,その手付金について宅地建物取引業法第41条又
は第41条の2の規定による手付金等の保全措置を講じなけ
ればならない。
売買予定の建物が,建築工事完了前の建物である場合には,
Aは,建築基準法第6条第1項の確認の申請をすれば,
Bと売買契約を締結することができる。


qqq systems Ver2.08