[航空留学(国内ライセンス切替用法規の模試):航空ライセンス:法規と宅建問題] [挑戦] [高成績者] [成績分布] [出題状況] [問題投稿]

宅地建物取引主任者試験:過去問題 20問モード


宅地建物取引主任者試験:過去問題にようこそ。現在、挑戦者数は399人です。
過去問題の総問題数は32問で、出題数は20問ですが、
20問間違えると終了です。
なお制限時間は120秒で、正答率80%以上で合格です。
最高成績は上戸 彩さんの20問正解。
最高成績目指してがんばってください。


第1問目   817人中 447人正解 (54.7%) 平均正解時間 32.83秒

土地区画整理法における土地区画整理事業に関
する次の記述のうち、正しいものはどれか。
by Toyocom.JR
土地区画整理組合が成立した場合において、施行
地区内の宅地について所有権又は借地権を有する
者はすべて組合員となるが、施行地区内の借家人
は組合員とはならない。
施行者は、仮換地の指定を行うに当たっては、従前
の宅地について抵当権を有する者に対して、仮換地
について仮にその目的となるべき宅地又はその部分
を指定しなければならない。
施行者が、道路法にいう道路の用に供する土地を、
道路管理者の了解を得ることなく造成した場合でも、
当該道路管理者は、施行者に対して、その造成費用
の全部を支払わなければならない。
換地処分があった場合、従前の宅地に存した未登記
及び未申告の借地権はその公告があった日が終了し
た時において消滅し、従前の宅地とみなされる換地
について存続することはない。


qqq systems Ver2.08